• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

謎だらけ

  1. 2009/07/22(水) 21:52:10_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日コメントをいただいた群馬の技術屋さんのEsに関する有益なコメントがこの掲示板で出ています。

私は以前から天候とEs発生の相関関係をにらんでおりましたが、まだまだ不確定要素が多すぎてわかりません。なにせ天候といっても定義が難しい。気象庁の定義をもって“曇り”としても地域によっては曇りかたも違うだろうと思うのです。そこで条件を絶対化するためにはEsが発生した時の“気温”で判断したらよいのでは?と考えています。

それにしてもEsは考えれば考えるほど面白いですね。たとえば稚内近辺でEsが発生してサハリン局が聞こえるとしても、1回のスキップ距離は1000〜2000キロとされています(TV-FM 受信ガイド2009の解説による)。そうするとその範囲内にいる人たちは同じ局が聞こえるのでしょうか?

いろいろな掲示板や情報誌の受信報告例を見ていると、自分が受信した局と同じ受信報告というのはなかなか見ることができません。短波だと結構そのような例は見かけることがあります。ここも面白いところです。同じ人の毎年同じ周波数の受信例はたくさんあるのですが、同じ局のスキップ範囲内での複数人による受信報告というのはなかなか見たことがないです。(単に情報不足だけかもしれませんが・・・)

太陽黒点数とSporadic E Layer発生頻度との相関性についても明確に結論付けた話は聞いたことがありません。受信自体が希少ですので検証できないのかも知れませんね。それにしても本当に面白い世界です。そんなことを考えながら聞いてみると面白さ100倍ですね!





 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -