独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

やはり

  1. 2008/05/17(土) 22:44:57_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
地震の前兆を認めない人がいますが・・・

中国・四川大地震 前兆現象やはりあった
5月17日21時57分配信 産経新聞


 中国・四川大地震の発生(12日)前に、中国各地でヒキガエルが一斉に移動するなど動物の異常行動(宏観(こうかん)現象)が目撃されていたことが、分かった。阪神大震災(1995年)や台湾中部地震(99年)などでも、宏観現象について報告があり専門家は「地震予知につながる現象。事前に予知して備えれば、減災にも役立つ」などと関心を示している。

 香港紙などによると、四川省綿竹市では今月5日、数十万匹のヒキガエルが一斉に移動するような行動をしたという。また、北京動物園でも揺れが伝わる直前に、チンパンジーが突然奇声を挙げてガラスを割ったとの報道もある。

 宏観現象に詳しい弘原海(わだつみ)清・大阪市立大名誉教授(情報地質学)によると、阪神大震災や台湾中部地震の際にも、いつもいるネズミが姿を消した▽数万羽のスズメの大群が飛んでいた▽大量のミミズが一斉に震源と反対方向に移動していった−などの異常行動が確認されていたという。

 そのうえで、今回の地震について、「異常に気づいた地元住民が当局に伝えたが、何の対応もなかったとの情報もある。事前に備えていれば、大きな被害は避けられたかもしれない」と指摘している。

 一方で弘原海教授は、中国は宏観現象を生かした地震予知の“先進国”とも指摘。75年に遼東半島付近で発生したマグニチュード(M)7・3の海城地震の際に、宏観現象や同半島付近での前震活動などから大地震の発生を予測、政府が発生直前に住民を避難させ人的被害を最小限に食い止めたという。

 翌年の唐山地震(M7・8)では前震活動が少なかったことなどから住民の避難をさせず約24万人ともいわれる死者を出したが、宏観現象は確認されていた。

 弘原海名誉教授は「動物の異常行動は非科学的と見られがちだが、地震予知につながっているのは事実で、日本でも活断層の研究や様々な観測、緊急地震速報と合わせて宏観現象に着目すれば、地震予測につながるのではないか」と話している。

どうなるものではありませんが何にしても、事前に予備知識があるのとないのでは当然、退避行動に影響が出るものと思われます。この場合も結果的に差が出ることになっていますね。でも結構、事前現象を馬鹿にしている人もいるんです。そう言う人に限って毎日同じ行動をとっていて、それが当たり前と思っているからだと思いますが。そう言う人は変化に気がつかないんですよね。

追記:先日の大気イオンの異常値についてはコメントが出ています。実際どうなるか、わかりませんが・・・



アグルさん、おはようございます。

  1. 2008/05/25(日) 10:56:14 |
  2. URL |
  3. ぶるがりや
  4. [ 編集 ]
アグルさん、おはようございます。
この厚木のデータ、とっても気になりますね。13日のみならず、19日以降も時折、高い数値が観測されていることも気がかりです。
とくに大気イオンの異常値に関するコメントの「陸域」での予測というのが気になります。

ぶるがりやさん こんにちは。

  1. 2008/05/25(日) 12:13:01 |
  2. URL |
  3. アグル
  4. [ 編集 ]
ぶるがりやさん こんにちは。
引き続き要注意ですね。とくにイオンの掲示板でのコメントも気になります。計器の異常であれば良いのですが、具体的な地名まで書かれているので、ちょっとびっくりしています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -