独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

預金封鎖

  1. 2013/09/09(月) 21:52:31_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2020年オリンピックの開催地に東京が選ばれました。個人的にはイスタンブールに決まって再びトルコに旅行できると言うのがベストでした(笑)

しかしながら2020年まで日本の経済は大丈夫なのでしょうか?来月から年金が引き下げになりますがそんなことや消費税10%程度では焼け石に水と言うところでしょうか。

戦後の歴史を振り返ると非常に興味深い事象が起きていました。預金封鎖・財産税課税です。あまりにもインフレになりすぎたのでいわば下剤を飲まされたようなものです。

ちなみに戦後の財産税を最もおさめたのは天皇家で当時のお金で”38億円”もおさめたそうです。すごい金額!! 預金封鎖や財産税課税により市中より資金を回収し通貨の価値を高め新円に切り替えたわけです。

いまや国の借金は1000兆円にもなっています。これから景気が良くなるはずもありませんし生産人口も減少する中での税収増加はもはや見込めません。これからいよいよ未曾有の事態が発生することになります。

預金封鎖になると「個人の財産の自由を保障した憲法に違反する」といった声が聞こえてきますが、旧円が無効になれば銀行には現金はなくなってしまい、憲法がどうのと言っても ”ないものはない” で一蹴されてしまいます。

預金封鎖への前兆として?マネーロンダリング強化?住基ネット?タックスヘイブン監視強化などがあるようですが、どれもこれも最近どこかで見たような気がします。スイスの銀行も情報を公開するようですね。テロ資金撲滅などと称していろいろな規制が強化されますが、いずれも個人の資産を特定、把握する手段なのかもしれません。

ハイパーインフレになって借金(特に住宅ローン)が意味なしになることは大いに結構ですが、預金封鎖になれば生活をどうするのかを考えておかなければなりません。戦後は株式について「旧円で買い付けして売却代金は新円でもらう」ことができたそうです。また貨幣は対象にならなかったので500円貯金をしておくのも良いかもしれません(笑) また、外資系銀行でドル預金をしておくのがよさそうですが、日本にある以上は金融庁の監督下にありますので当然ですが封鎖の対象になってしまいます。それなら米国で銀行口座を開設して米国の銀行で「円の外貨預金」をしておけばよいかもしれませんね。












 管理者にだけ表示を許可する
 

<<810kHz  | BLOG TOP |  531kHz>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30