• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

SSN207

  1. 2011/10/22(土) 21:44:18_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は天気も悪く外出も控えめになりました。雨模様でも伝搬の世界は状態が良かったようです。

太陽黒点数がここ最近では本日が一番多く207個出現したようです。それに伴って電離層の動きも活発だったようですね。最近読んだ記事で “大震災前に電離層の位置が下がっていた” との話を思い出し色々調べてみました。

まずこの種の記事での電離層とは「地上より80kmの高さ」と書かれておりD層、E層かは書かれておりませんので詳細は不明です。NICTのイオノグラムの観測データではD層のデータは見れない?ので良くわかりません。Es層はハッキリと表示されています。ただEsだと季節的な要因もあるのでどれを異常と取るかは難しい話ですが3月5日に南太平洋方面が大オープンしていたという報告がありました。これが異常に該当するのかはわかりません。

そこでF層に異常がなかったかNICTの過去データを調べたところ単なる偶然かたまたまなのか1月22日と3月7日のいずれも朝4時台に通常上空200km以上の高さに存在するはずのF層がこの2日間の同じ時間帯に200km以下の高さに出ていました。これが異常なのか季節的なものなのかさっぱりわかりませんが、この高さに出ることはどうも稀なようです。しかもわずかな時間帯だけ。ほかには1月にF層が全く観測されていない日もありました。

今後も注意して観察してみようと思いますが、それよりせっかくEsの出現もわかりますのでPCにかじりついていないでラジオを聴いてみないといけませんね(笑)

F21

F22

F23





 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -