• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

渦中の人

  1. 2011/02/26(土) 15:25:45_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
リビア情勢は泥沼化しています。

昨日の早朝に「Gaddfiが撃たれて死亡した」との情報が米国政府未確認情報としてCNBCに流れサウジアラビアの原油増産可能の表明もあり原油相場は落ち着きを取り戻しました。Al Qaedaが原油パイプラインを破壊するなどと言ったデマが流れて始まった原油相場の急騰ですが、よくよく考えればこの手の情報が漏れるわけがなくすぐに投機筋の流したデマだとわかります。

そんな情報が錯そうするなかWall Street Journalでは「Gaddafiが暴動鎮圧のために化学兵器を使用する懸念がある」と伝えていました。リビアは核兵器こそ廃棄しましたが旧型スカッドミサイルやサリンやブタンなどの神経ガスをたっぷりと保有していると言われています。常軌を逸した状態でこれらの兵器が使用されるととんでもないこといなっってしまいます。

ところでGaddafiの著書“緑の書”の新品が1冊手に入りました。ダメもとで注文していたのが本日発送されてきて驚きました。保有している初版より13年後に増補新版として発行されたものが手に入りました。表紙もハードカバーになっており大きさも少し大きくなっています。どこか倉庫に眠っていたのでしょうか?良く手に入ったと思います。ちなみにお値段は1236円と表記されていますが1260円でした。初版はAmazonで中古本がなんと15000円になっていました!

米国政府はGaddafi一族の米国での金融資産や不動産を直ちに封鎖凍結しましたがオバマ大統領の会見もイマイチ歯切れの悪いものでした。“緑の書”の中で「黒人」についての記述がありその中では “黒人が世界を率いることになろう”とGaddafi自身が記述していましたが、その黒人の大統領によって制裁が加えられたわけです。

Resize0196

Resize0195

Resize0194





 管理者にだけ表示を許可する
 

<<Caos  | BLOG TOP |  地獄絵図>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -