• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

向こう側の情報

  1. 2011/02/03(木) 22:39:01_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日の夜はAl Jazeera English が見れなくなっていますがiphone アプリやサードパーティーのwebで閲覧ができています。Twitterを見てみると同様の話が多数出ており、facebookでAl Jazeera側から同様の書き込みが出ていますので何らかの妨害が発生しているものと思われます。

それにしてもおかしなことになりました。ムバラクの支持派なんて、どう考えても軍隊しか考えられませんので軍服を脱いで私服に着替えて暴動鎮圧をしているとしか思えません。今日はTwitterでいろいろなtweetがありましたが、在日エジプト人タレントのブログやエジプト人青年のブログ投稿など興味深い物を見ることができました。

これを見て思うことは“民主化へのデモ”ではなくて“米国嫌悪に起するデモ”であろうと言うことです。ムバラクは当然親米派でいままで援助金をくすね取り4兆円もの不正蓄財をしてきたわけですが、米国に対する“嫌気”と言うことになると、今後米国の中東でのパワーバランスがまったく変わってしまう可能性もあると言うことです。確かにリビヤではこの類の大規模暴動は起きていません。民主化要求であればリビヤでも当然起きても不思議ではないとのことです。

ムバラクが消え去りその後の政権が反米政権になってしまうと、スエズ運河の事や周辺国が一斉に反米を掲げるのではないかと思います。

なかなかこういった意見は我々のもとには簡単に入ってはきません。ましてや相撲の八百長やプロ野球のキャンプのNEWSがTOPにくるようなメディアしかない国では、紛争の本質を理解しようとしても無理な話なのでしょうか。




 管理者にだけ表示を許可する
 

<<暗い世界  | BLOG TOP |  無感>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -