独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

触らぬ神に崇りなし?

  1. 2011/01/31(月) 21:26:27_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
相変わらず中東情勢は緊迫しています。

チュニジアを始め北アフリカ諸国や中東諸国の昨年のCPIや失業率を調べてみたところ両方とも10%以上もある国がほとんどでイエメンに至っては失業率が20%を超えています。労働力の20%以上が職に就けないわけですから、そりゃ機嫌も悪いわけです。食糧価格高騰はある程度予想されていることでしたので、北アフリカ3カ国は政策のミスと言われてもしょうがないかもしれません。

ふと思い出して今回の一連の出来事を中国はどのように報道しているのか気になりましたのでさっそくCRIの日本語放送を聴いてみたところ、今日はNEWSでは一切触れていませんでした。webではエジプト国内の中国人について少しだけ触れられていましたが詳細は報道されていません。中東には大量の中国人労働者がいるはずなのですが、何か都合が悪いのでしょうか?

他にはオーストラリアのABC NEWS解説で政治アナリストのコメントが出ていました。ここ “48時間がヤマ場” と解説されています。デモは大きくなるばかりでこれから中心部で最大級のデモが行われるかもしれないとAl Jazeera Englishでも報道されています。

ところでこのAl Jazeera Englishですが、Iphone向けのアプリが無料で利用できます。しかもLive映像をiphoneで見ることができます。場所をえらばず緊迫した中東情勢をLiveで見ることができますので何かと重宝します。

追記:Facebook 経由での情報で “Egyptian radios and satellite TVs can still receive broadcasts from across the border” と言うことだそうです。これはwebの情報のようです。

追記2:ラジオタイランドの日本語放送でのNEWSではタイ人が80人カイロで足止めされていることを短く放送していました。IRIBは当然のごとく詳細なNEWSを放送していました。ムバラク大統領がデモ隊に向けて発砲の許可を与えていることや日本企業の活動停止、日経平均他のアジア株式の下落など詳細なNEWSを放送していました。また、米国の対応を批判する論評も放送していました。

Al Jazeera EGではヒラリー・クリントンがエジプトの内閣改造についてほとんどコメントしていないのはムバラクに無言のNO圧力をかけているのではないか?エジプトの銀行Closeが長期化していることで、ATMの紙幣がなくなってきており国全体の資金流動性が確保できなくなっているなどを伝えています。





 管理者にだけ表示を許可する
 

<<無感  | BLOG TOP |  混乱中>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -