• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

暮れで忙しい

  1. 2010/12/21(火) 22:17:33_
  2. こども
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近何かと「暮れで忙しい」と言ったことを言われます。

私自身は何が忙しいのかさっぱり理解できませんが・・・周りの方はとにかく忙しいとのこと。うちは毎日が“締め”の業界なので特に月末だの年末だの年度末だの忙しさは変わりませんので何が忙しいのか理解できません。

今年のことは今年のうちに・・・なんてことはせいぜい大掃除ぐらいでしょう?だいたい年末までやらねばならないことをほったらかしにしておいて“忙しい”も何もねえだろうと言うのがホントのところです。これはもはや“Paranoia”で一種の病気としか言いようがありません。

どうせ経済も技術も世界から取り残されてしまった今、そんなにあせってもしょうがないと思います。そんなことより何が原因で何をすべきかをじっくり立ち止まって考える時期なのではないでしょうか?

現在の原料価格高騰はどうやらほんの序の口のようです。米国を見ていると長期金利が高くなり来年の米国の好景気を予想させる動きになっています。ドルが強くなり円安を期待する日本の馬鹿な経営者は、原料価格の高騰で円安メリットが相殺されることを肝に銘じておかなければなりません。新興国の景気回復が巡航速度に乗ると原料の需要が今の比でなくなることを覚えておいた方がよさそうですね。日本の技術がないと原料は生成できないなどと30年も前の発想で行動すれば時代錯誤もはなはだしい、日本を破滅させることになってしまいます。

市場の方はおそらく来年は「同時多発過剰流動性経済(日本をのぞく)」になることが予想されます。投機資金が復活し原料価格にも多大な影響が及ぶことにもなります。

本当は“暮れで忙しい”のではなくて来年どうやって生活を防衛するか考えるのに忙しいなら多少は理解できるところです。

日本の伝統的柵が日本を破滅させると言うことです。






 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -