• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

データで見る世界・資源編

  1. 2010/10/02(土) 13:50:07_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
世界国勢図会2010/2011より世界の資源についてのまとめ。

各種金属鉱の主要生産国(1位/2位/3位)

〇金・・・中国/米国/豪州
〇銀・・・ペルー/メキシコ/中国
〇鉄鉱石・・・ブラジル/中国/豪州
〇ボーキサイト・・・豪州/中国/ブラジル
〇銅・・・チリ/ペルー/米国
〇鉛・・・中国/豪州/米国
〇亜鉛・・・中国/ペルー/豪州
〇すず・・・中国/インドネシア/ペルー
〇ニッケル・・・ロシア/カナダ/インドネシア
〇タングステン・・・中国/ロシア/他
〇モリブデン・・・中国/米国/チリ
〇コバルト・・・コンゴ/カナダ/ザンビア
〇マンガン・・・南アフリカ/豪州/中国

ざっとこんな感じでした。いまや先進国の技術と資金が必要などと言っていられないです。発掘・精製技術は日本がTOPと言われていますが果たして今後も維持できるのでしょうか?新興国はもはや自身で発掘できるようになってきていますね。

また、長期的に日本の教育面からはもはやそれは不可能だとわかりますが、最近中国は精製技術を日本の企業に中国内で合弁会社を作って精製しろと言ってきています。日本勢は技術の漏洩を心配して二の足を踏んでいますが、その隙に米国のベンチャーに追い越されてしまう可能性が指摘されています。政治家も馬鹿なら経営者もアホといった国に我々は住んでいると言うことです。







 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -