• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

データで見る世界・人口編

  1. 2010/09/28(火) 22:22:49_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
世界国勢図絵2010/2011を読みました。ただのデータブックですがこれが意外に面白いです。簡単にまとめて覚書にしておきます。

国連人口部の調べでは2009年の世界の人口は68億人。このうちアジアで60%を占めている。1位は中国2位はインドでこの2カ国で全体の37%。これだけでいかに巨大なマーケットかが理解できる。そして意外だったのがアフリカ。1950-2009年の人口推移ではアフリカの人口が4倍になっているとのこと。出生率は世界全体で2.6アフリカ4.6で今後も急速な人口増加が見込まれる。飢饉や内戦で毎日死者が出ていると言う報道とは少し違和感があります。

ここで考えられることはもしかしたら先進国の偽善的な援助が要因かもしれないということ。。ワクチン摂取で人口が増えたのかどうかはわかりません。逆説的にワクチンによる死亡者の低下により人口が増えたために食糧の分配ができなくなり飢饉を起こしているとも言えなくない。

〇人口の多い国BEST5・・・中国・インド・USA・インドネシア・ブラジル

〇人口予測2050年(2009)
インド・・・16億(11億)
中国・・・14億(13億)
アフリカ・・・19億(9億)

中国は一人っ子政策で今後は人口があまり増えないが、それにしてもマーケットとしては巨大。アフリカには大量の資源が眠っており中国が積極的に札束外交で搾取している。ある程度の文明化社会になればこれも巨大なマーケットの誕生である。いずれにせよ日本国内で製品を販売するより海外で販売した方が桁違いの売り上げが上がるのは明らか。巨大市場でのニーズを取れるかどうかで明暗が分かれますね。(例:ガラパコス携帯)

ちなみに2009年の北朝鮮の人口は2390万人でオーストラリアよりも多い。余談ですが今日のPの日本語放送で息子の大将昇格のNEWSが放送されていました。軍での功績もなくの出世ですが、オヤジが死んだ後に軍での軋轢が起こるのではないかと思います。





 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -