独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

Voice of Vietnam

  1. 2014/07/23(水) 21:12:39_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日受信報告書を送ったベトナムの声放送局より返信がありました。数年ぶりの受信報告でしたが、大判のべりカードに変わっていてびっくりしました。また、立派な番組表も一緒に送られてきました。ベトナムの経済成長が拡大中であることを実感できる返信でした。

受信日時:2014年7月4日21時00分〜21時30分JST、12020kHz、A16A、2IRC同封

20140723210022_001


20140723210105

20140723210213




内蒙古

  1. 2014/07/13(日) 15:21:01_
  2. 受信情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は午前中はEsにて中国局がわんさか受信できていましたが、詳しく聞けませんでした。ごちゃごちゃ並ぶと聞く気もなくなるんですよね...

時間ができましたので午後から聞いてみましたが、もう空前の灯で落ちる寸前という感じでしたので受信できる局数もかなり少なくなっていました。

90.9MHzと95.1MHzで14時25分ごろからモンゴル語が受信できました。両方とも同じ放送で、タイムラグがありましたがStreamingと同じ放送でした。14時30分に「オール モルコリン アルピン ア ラジオ プローイエルチェン」と局名アナウンスがありました(聞こえたまま書きましたが何か?・笑)。内蒙古人民広播電台の蒙古語放送が受信できました。



IS

  1. 2014/07/06(日) 17:04:39_
  2. 受信情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近では放送が始まる前に流れるIS(インターバルシグナル)をきちんと放送する局が減ってきたような気がします。

前の番組の終了途中から始まったり、急に始まったりなんとも味気ない短波の世界になったような気がしますが、これも時代の流れでしょうか?

短波帯どこを聞いてもCRIばかり聞こえてきますが、そのCRIは昔のようなISを流さなくなってしまいました。ところがコレが聞けることがわかりました。

17時30分からのインドネシア語放送で15135kHzにて17時28分頃から、例のISが流れています。最初は耳を疑いましたが本物のCRIでした(笑) 昔を思い出してしまいました。日本語放送も昔はきちんとこのISが流れて放送していたものでしたね。

周波数リストで調べると昆明送信のようですが、なぜかあのISがキチンと流されています。不思議な放送です。





虫の息

  1. 2014/07/01(火) 21:13:23_
  2. 受信情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
6月末で終了するといわれていたRadio Australiaですが、21時現在、6080kHzで英語放送が良好に受信できています。

月刊短波7月号によると9月いっぱいで終了するとのこと。どっちにしてもなくなることには変わりないわけで、コトが財政事情によるものであれば延長はおそらくないのでしょう。 



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2014 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -