独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

穴あけ完了

  1. 2013/08/31(土) 14:49:38_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
8月も最終日になってしまいましたがまだまだ気温35度以上の日が続いており暑いです。

今日はラジオ部屋の壁にアンテナ用の穴を業者にあけてもらいました。いままで隙間ケーブルやらエアコンのスリーブやらを利用していましたが、きちんとアンテナケーブルを引き込み、またノイズ対策もしたいのでエアコン用と同じ大きさの穴を壁に開けてもらいました。これでアンテナも増やせますしローテーターケーブルも引き込み可能になりました。国際放送は縮小の一途をたどっていますが、NOAAや航空無線もありますのでまだまだ楽しめます。少しづつ拡張していこうと思います。



Voice of Russia

  1. 2013/08/17(土) 10:43:04_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
Voice of Russiaの日本語放送からべリカードが到着しました。

受信状態が短波中波共によくなかったですがここ最近は中波の720kHzの受信状態がだいぶ改善?されたようで以前よりも聞きやすくなっています。郵便事情も悪化しているとのことでしたので書留で送りましたが予想したよりも早い返信でした。カードとともにお手紙も入っていました。

〇Voice of Russia/2013年6月29日受信 2100-2157(JST)/ 7235kHz/ Japanese program/ 5IRCs/RA41A

Img004

Img005






@ウトロ観光編・4日目8/7、5日目8/8

  1. 2013/08/13(火) 21:33:46_
  2. インポート
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
知床観光?目です。この日は知床五湖トレッキングでした。

事前に予約をしておいた8時半からのレクチャーを受けて知床五湖に入りました。この時間だとまだ駐車場への渋滞もなくあっさり駐車することができました。ちなみに帰るころは大渋滞になっていました。はやく来て大正解でした。

以前来た時は一湖、二湖しか見ませんでしたが、それにしても施設が以前と比べると全く違っています。さすが世界遺産に登録されただけありいろいろな設備が整っていました。レクチャーでは前日にもクマの目撃情報があるとのことで一同少し緊張気味で湖に入りました。家族3人でそれぞれリュックに鈴をつけて入りましたが、これがまたチャリチャリやかましいたりゃありゃしない(笑)。 おまけに関西から来たと思われるツアー客の”おばちゃん”の笑い声が響き渡り、天然のクマよけになったのは言うまでもありません(爆)

五湖すべてまわりましたが、意外に起伏があり結構な運動量でした。それにしても本当にきれいな場所でした。無料高架橋にもクマよけの電線が張り巡らされていましたが、眺めも良く本当に気持ちよかったです。こうして念願の知床五湖めぐりをすることができました。

その後オシンコシンの滝をまわり有名なお土産屋さんに行きましたが看板猫は死んでしまったのですね。テーブルの上に猫の置物がありましたが、残念でした。

こうして今年の知床観光は終了することになりました。ゆったり目の計画でしたが本当に堪能することができました。ごちゃごちゃした日常を完全に忘れて大自然を堪能することができ家族も喜んでいました。飯はうまいし空気もうまい、こういう場所にいると本当に帰るのが嫌になってしまいますね。

翌日8/8は早々にホテルを後にしました。女満別空港までなんだかんだで2時間かかりますので余裕を持っての出発です。知床に後ろ髪引かれる思いで空港に向かいました。帰りはナビのせいで山の中を通って空港まで戻りました。4泊5日知床珍道中はこれでおしまいです。

Img_2003




@羅臼観光編・3日目8/6

  1. 2013/08/12(月) 21:56:10_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
3日目は知床峠を走破して羅臼に行きホエールウオッチングに行きました。

ウトロ側から知床横断道路に入りましたが、ここではすこぶる快晴で熱いぐらいでしたが峠を登るにつれて天気が一変! キリで先が見えないぐらいのまま知床峠につきました。これでは国後島観察は絶望的でした。おまけに寒い!! 峠から羅臼に向かってくだるとビジターセンターがありましたので立ち寄りました。北方四島の地図を買っておきました。

峠をさらに下って羅臼に出ると霧雨が降っていてかなり寒かったです。山を越えるとこんなに気温や天気が違うのも驚きでした。半ズボンにTシャツだったのが失敗でした。

クルーザー乗船まで時間があるので映画で有名になった番屋の飯屋にいってたらふくウニいくらカニ丼を食べました。うまかった!!! また知床半島の羅臼側の東の端「相泊」まで行き記念撮影してきました。1時間ぐらいかかりましたが、道路の終点では”野良鹿”がひょっこり現れ人間を恐れることもなくムシャクシャ草を食べていました。大自然ですね〜。

くじら観光のクルーザーに乗船するときも霧雨が降っておりカッパをかりて乗船しましたが船が進むにつ入れてものすごい寒さになってきました。服装が大失敗でした(笑)

イルカの群れが現れたのち1時間ぐらい進んだところでマッコウクジラのクリック音が強くなり途切れてしばらくするとしっぽが水面にゆっくり現れ的ましした。くじらが実際に泳いでいるのを見たのは初めてです。すごかったです。

船に揺られること3時間以上で最後は寒さで疲れてしまいましたが、ここは国後島のすぐそばでiPhoneのキャリアがいつの間にかなんとロシアのキャリアに切り替わっていました(笑)距離的なこともあるのですがsoftbankの電波が弱い証拠でしょうか(爆)

くじら観光を終えて知床横断道路でウトロに戻りましたが、帰りは車のヒーターを入れたほどでした(爆)。さらに知床峠は濃霧に覆われ何も見えませんでした。ウトロ側に戻るとなんと快晴!!! 本当に驚きました。

Img_1902

Img_1930
Img_2058




@ウトロ観光編・2日目8/5

  1. 2013/08/11(日) 11:28:20_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ウトロ宿泊2日目の記録です。

2日目のメインは何といっても「観光船オーロラ号」にて知床半島の西側を観光することです。半島先までは車も人も入れませんので海上からの見学です。

専用の船着場から乗り込みますが結構な観光客の数でほぼ満席です。独身時代にバイクで道内1周した時も乗船しましたが(いまから20年以上前)その頃から比べると船は豪華になったような気がします。「知床慕情」の曲が流れるところは変わっていませんでした。海上は風が強く少し寒いぐらいでしたが天気は快晴でデッキに出ると気持ちよかったです。海や半島の眺めは最高でした。双眼鏡を持参しましたが、途中イルカの群れに遭遇しました。さすがに北海道です! その他の動物を探しましたが、今回は残念ながら見つけることはできませんでしたが色々な滝を海上から本当にきれいに見ることができました。

知床岬を海上から見学し一同ウトロ港に戻りました。さすがに天気は快晴でしたがサハリンまでは見れませんでした。この観光船、乗船時間が約3時間なので帰りは寝ている乗客がほとんどでした(笑)

下船したのち近くにあるオロンコ岩と言う巨大な岩が上まで登れるというので登ってみましたが、急な斜面の階段歩道を登っていくのでカミさんは少々コワかったようです(笑)岩の頂上での景色は最高、疲れも最高でした。この周辺にはこの手の巨大な岩がいくつかありますが、風化も進んでいますので見たり登ったりするのは今のうちかもしれません。

この後、知床世界遺産センターを見て道の駅で買い物をしてホテルに戻りました。

Img_1842

Img_1856

Img_1860




@ウトロ観光編・初日8/4

  1. 2013/08/10(土) 09:58:29_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ウチの家族旅行としては珍しく遅い飛行機にて出発になりました。女満別直通は午前中1便しかありませんのでお昼前のANAコードシェアAIR DOで女満別に向かいました。機内で飲んだオニオンスープが美味しかったです。

女満別に13時過ぎに到着しさっそくレンタカーを借り移動開始。久々の北海道レンタカー旅行の開始です。ちょっと街を離れるともう車がほとんど走っていません。また信号もありません。スピードを出すとせっかくの景色が見れませんのでゆっくり走り途中停車して写真を撮りながら知床までの旅路になります。

ウトロのホテルまでは2時間のドライブになるので観光施設はあまり見ている暇がありませんが、途中「網走番外地」の撮影に使われた「藻琴駅」に立ち寄り記念撮影。ちょうど電車も来て雰囲気倍増でした! 隣の北浜駅も無人駅ですが展望台があり登ってみました。海岸線がきれいでした。

海岸線を一時離れ山側を走行し「天に続く道」と呼ばれている場所に行ってみました。確かにはるか眼下まで道が真っ直ぐ伸びていて天上界に続くようでした。

再び海岸線にもどり宿を目指しましたが左手にはきれいな海岸線がず〜と続きていきます。オシンコシンの滝は以前にも立ち寄りましたので後ほど時間があれば行くことにしてウトロにようやく到着。知床大自然の旅行が始まりました。それにしても空港からやや距離があり結構なドライブです。なんだかんだで2時間半ほどかかりました。

Img_1754_2

Img_1757

Img_1770


Img_1774


Img_1795




@ウトロ・受信編

  1. 2013/08/09(金) 09:23:26_
  2. 受信情報
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今週いっぱい夏休みなのでお土産を眺めながら旅を振り返ることにします。

8/4日の夕方にウトロに到着しさっそくFMを聞いてみたところなんだか国内局がずいぶん聞こえました。「知床はずいぶん聞こえるんだなあ」と思っていたところ76.1MHzではインターFM、77.1MHzでは放送大学やら関東のFM局が聞こえており、札幌のコミュニティーFMも聞こえていました。おそらくEスポが出ていたんだろうと思います。

常時聞こえるFM局は83.1MHzAIR-G網走、86.0MHzのNHK-FM北見だけのようです。時々89.1MHzのNHK-FM知駒が聞こえました。知駒というと中頓別ですが非常にゆっくりとしたフェーディング(長波のような)で聞こえていました。ロシア局は礼文島の受信局とよく似た感じでした。

2013/08/04

1824 69.92MHz UN-ID Russian
2058 104.4MHz Love Radio Russian 2100ID" Love Radio"
2113 104.1MHz Evropa Pryus 2113SJ
2114 105.5MHz Radio 105.5 2115ID 
2116 106.0MHz Radio Rossii //279kHz, 107.6MHz
2121 103.5MHz Mayak 2129ID
2131 102.5MHz Evropa Pryus 2132SJ
2209 107.6MHz Radio Rossii 例のHeavy Metal番組

受信状態ですが長時間安定して聞こえました。アンテナはロッドアンテナで水平にしないと聞こえませんでした。窓は西向きで対岸はサハリンです。国後はちょうど裏手になり国後方面の放送局と思われるものは全く聞こえませんでした。知床連山があり伝搬の壁になっている、もしくは送信設備がないのではないかと思われます。知床峠より双眼鏡で確認できないかと2日間にわたり行って見ましたが、あいにく霧につつまれて何も見えませんでした。

ロシア局ですが知床は礼文島よりよりは受信の頻度が低かったような気がします。初日以外はほとんど受信できませんでした。伝搬の仕方がロシア局はEスポではないのは受信状態から明白ですがそれではどんな種類の伝搬なのか?と言う事です。ラジオダクトでしょうか?当日の天気図を後ほど確認してみようと思いますが、関東はEスポでしたのでEF伝搬?だったのでしょうか。いずれにせよ非常に興味深い受信でした。



@自宅

  1. 2013/08/08(木) 21:51:30_
  2. インポート
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
自宅に戻りました。知床は本当に素晴らしかったです。じっくりと腰を据えて大正解でした。それにしても東京は暑い!!!数日間家にいなかったのでエアコンが効いてくるまで時間がかかります。おまけに戻るやいなや地震警報で驚きました。やれやれ(笑)



@ウトロ

  1. 2013/08/04(日) 21:11:22_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
知床ウトロに到着しFMを聞いています。102MHzより上の方でロシアFMが数局良好に受信できています。ひとつひとつIDを確認していきますが、クリル方面ではなさそうです?



準備

  1. 2013/08/03(土) 10:44:16_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日から夏休みです。

明日から知床に家族で旅行に行ってきます。家族で行くのは2回目ですが、以前は網走に宿泊した関係で移動に時間がかかり詳しく観光できませんでしたので今回は知床に宿泊してじっくり観光してこようと思います。今回から息子が運転できるようになりましたので少しは楽ができそうです。

いつもながら持参はするもののほとんど聞かないラジオですが今回はATS-909Xロシアバージョンを持っていきます。ロシアFMがどのくらい聞けるか楽しみです。

相変わらずiPhone関係のバッテリーやらコードも持っていかなくてはなりませんので準備も大変です。結局いろいろなものが電子化されたのですがかえって持っていくものが増えたような気がします(笑)



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2013 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31