独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

べリカード

  1. 2013/07/31(水) 22:53:47_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
Shortwave centralにe-QSLについてのコラムがありました

アナログの趣味なんだから返信のべリカードもできれば紙ベースでほしいものですが最近ではe-QSLが浸透してきているようです。受信報告書にわざとメールアドレスを書きませんが、メールでの返信を避ける手段であったりします(笑)

メールでの返信はレター形式の返信に近いものがありますが、受信報告書の本当の意義を考えるきっかけになりそうですね。いまや短波での国際放送が廃止されネット放送のみの放送局もありますが、そうなると受信報告書ではなくて聴取報告書であり、一層内容についての意見が求められることになります。言葉が理解できないのに放送を聞くなと言うのも何か勘違いをしていると思います。

せっかく受信報告書を送ったのになしのつぶてよりはメールでも返信があればよいとは思いますが、返信の義務はないというならば放送している意味もないだろうというわけです。

いろいろ考えるとややこしいので素直に「受信したよ」「確認したよ」ということが原点だと思いますので電子化返信もある意味アリなんだなと言う事になりそうです。でもIRCだけ取っておいてメールで返信と言うのもなんだかなあと思います。



バリバリノイズ

  1. 2013/07/30(火) 21:46:08_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2~3日前のあのバリバリノイズは何だったのかと言うぐらい長波〜中波帯がノイズレスになりました。

空電にしては強力すぎると思いましたが279kHz〜1700kHzの間で強力に観測されたノイズがウソのようにしなくなってしまいました。今晩も雨が降っていますが空電一つありません。エアコンもガンガンに効かせていますがいたって静かです。地震の前触れでなければよいのですが...それにしても岩盤の摩擦によるノイズが地上にまで出てくるものなのかよくわかりません。

空中のノイズははっきりとしていますね。数日前の雷雲は東電のサイトでもわかりましたがそれはもう恐ろしいぐらいに強力な落雷でしかも広範囲でしたのでやはりその影響なのか?と言うところになりそうです。瞬間停電に備えてPC周りは無停電電源を入れておかないとだめだという結論になりました。

いずれにせよもう少し涼しくなってから(笑)配線周りのノイズ対策も行いたいと思います。ノイズ対策と言ってもフェライトコアを巻き付けることと配線をきれいにすることぐらいですが、コアの方はかなりの数を撒いてみようと思います。アンテナ拡張はそのあとになりそうです。



279kHz

  1. 2013/07/28(日) 21:26:52_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
午前中は雷注意報が発令されていたりしていてローバンドはバリバリノイズが出ていましたがこの時間(21時)は落ち着いて279kHzのRadio Rossiiを聞くことができています。

メインのNRD545は修理に出すことにしてサブの545(周波数クリスタルなし)を引っ張り出して試運転をしていましたが特に問題なく動いています。279kHzのRossiiも良好に受信できています。

この279kHzのRossiiは本当に毎日よく聞いています。普段はNHKかRossiiかというぐらいBGMで流していますが、長波で聞けるというのがなかなかオツなものだと思います。寝るときはAOR-LA400と言うアンテナとプリアンプを付け7600GRの組み合わせでこの周波数に合わせて聞いています。受信状態が悪いときは北海道の放送局に切り替えて聞いています。以前は549kHzのMayakを寝床で聞いていたのですが放送を止めてしまったのでRossiiになりました。

この長波帯の伝搬もEs同様何度聞いても不思議な世界です。色々な気象条件によって伝搬の仕方が変わるのでしょうが、深〜いフェーディングが本当に魅力的な世界です(笑)



故障

  1. 2013/07/27(土) 21:00:21_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先週劣化していたケーブルを変えてノイズレスになったALAでしたが、今日はなんだか再びバリバリノイズが混入していました。

ところが雷の状況見ると関東地方は今までに見たことないような雷雲の分布になっているではありませんか! どおりで長波中波が空電ノイズまみれになっているはずです。複数の雷雲です。こんなことは今までなかったような規模でした。

一安心したのもつかのまNRD545がMuteになったまま戻りません。もともと調子が悪かったのですがどうやらJRC行きになりそうです。もしくは先日の落雷瞬間停電による影響かもしれません。リビングのTVオーディオもおかしくてTVと連動していた外部スピーカーがHDMI連動しなくなり工場出荷状態に戻してようやく連動するようになりました。リビングに置いてあったVISTAのPCもとうとう電池がいかれたみたいで30分ぐらいしか稼働しません。もう廃棄処分ものです。

いずれにせよご老体ばかりで肝心な時に役に立たないのはいまの日本と同じ状態ですね。そのくせ手間がかかってしょうがない。いっそのこと家じゅうの家電製品をすべて刷新してやろうかと思ってしまいます。





スペイン語NEWS

  1. 2013/07/24(水) 23:17:25_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
NHK第二放送で外国語NEWSを放送していることに初めて気が付きました(苦笑)

スペイン語の復習にはラジオ講座を毎日聞いていますが、その他に時事スペイン語を聞きたいなあと思っていました。海外放送で良好に聞こえるところと言えばREEですが、なにせ変調悪で音声がひずんでいて番組内容までうまく聞き取れません。中南米のローカル局は言うに及ばず。良好なのはKBSのスペイン語放送ぐらいです。

ところがNHK第二放送でスペイン語NEWSをやっているではありませんか! これは聞かない手はないと思い今週からタイマー録音して夜聞いています。時事問題やNEWSは一通り日本語で把握していますから、受信状態が良い分よく聞き取れます。身近にある物を利用しない手はありません。

スペイン語は今後大変重要な言語になってくるものと思われます。米国内でのヒスパニック系の人口拡大を考えると、今後は中国語よりもスペイン語の需要が相当拡大してくるものと思われます。英語は当然ですが、スペイン語とトルコ語は今後取得しておいて損はないと思います。



アンテナ復活

  1. 2013/07/20(土) 18:26:17_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ALA1530S+で受信していますがバリバリとノイズが突然入るようになりましたので各所の電圧を測定したところ異常なしでしたのでALAの給電部からのケーブルを取り換えたところきれいに受信できるようになりました。

またCMCのBNCプラグをみたところうっすらと黄色く変色していました。一応防水対策していたはずなのですが錆びる前のような感じでしたので取り外しました。ALAの給電直下にかましていたのですが、どうやらCMCの重みで給電部の接続もしっかりとしていなかったようです。

この際ですのでアンテナの高さも少し低くしてステー線もはずしCMCもALA直下から外してしまいそのまま接続してみました。コネクター各部は再度しっかりと防水対策をしました。多少ノイズっぽいですが聞けなくはありませんのでスッキリしてよかったです。余ってしまうため屋外用のCMCを部屋の中で接続してみました。ノイズ対策用のアースも効果があまり認められなくなりましたので取り外しました。シンプルになり非常にスッキリしました。

ALAの不具合を検索したところ同じように中波帯にバリバリとノイズが入るようになり最後は受信できなくなる場合が多く見受けられました。アンプ部の異常もあるようですが、私の場合はいままで100%ケーブルの不具合でした。今回も接触不良や雨水などによるM型コネクタの変色やBNCコネクタの接触不良が見受けられましたのでまずはケーブルを新しいものに交換してみることから始めるのが良いかもしれません。





Voice of Turkey

  1. 2013/07/13(土) 07:08:46_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
Voice of Turkeyよりベリカードの返信がありました。

夜中にタイマーを仕掛け、年末にIRCの使用期限が切れるため在庫処分もあり受信報告書を送ってみました。昨年の11月にイスタンブールに会社の研修で行きましたが、勤勉で真面目な人が多くまさかあのようなデモが起きるとは信じられないぐらいでした。そういったこともあり気になって受信してみました。

幸いデモの方は収束しつつあるようで、もともと昼間デモに参加している連中は職がない人間たちで経済にはあまり影響が今後は出ないものと思われます。また日系自動車メーカーの工場でストが発生したりしている様子もありませんし、7月に入り日系自動車新工場も稼働していますので一安心と言うところでしょうか。

おまけでミニマウスパッド??のようなものが同封されていました。

〇Voice og Turkey/2013年6月15日1638-1725(UTC)/15520kHz/English program/5IRCs/A17A


Img001

Img002

Img003









30年

  1. 2013/07/03(水) 22:56:35_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
月刊短波7月号を読んでいて非常に興味深い記事がありました。

月刊短波誌が廃止されて30年たったとのこと。もうそんなに時間が経過したのかと時間のたつのが早いと言う事を改めて認識させられた。この記事の中では「DXの基本はIDのコピー」と書かれていているのが非常に興味深かった。リストロギングうんぬんの話があるが時代はそこまで便利になったもんだなと改めて考えさせられることでもある。昔も「北京放送のIDを取る必要があるのか」といったことを言われたことがあったが、局名アナウンスが出るぐらいまでは放送を聞きましょう、番組を楽しんで聞きましょうと言う事であろうかと思う。

短波誌をたまに引っ張り出して読んでみると本当に面白いというか読み物としても読みごたえがある記事ばかりですね。DX年鑑もただの周波数リストではなくいろいろな意味のおいて面白い本であることを再認識させられます。後にも先にもこういった書籍は出ないことが本当に残念です。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2013 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -