独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

やってきました

  1. 2007/08/31(金) 19:44:45_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
札幌で聞いた文化放送のベリカードの返信がありました。

旅行先では必ず在京局を聞くようにしていますが、これがベリカードをGETする良い機会でもあります。

東京の局らしく東京タワーをさりげなく入れているところがGOODです!

Resize0064




暑いのは誰のせい?

  1. 2007/08/30(木) 20:10:44_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
毎週土曜日は家族で買い物に近所のスーパーに行くことになっています。野菜の値段や、売れ筋商品が仕事柄役に立つこともあり必ずチェックしに行くようにしています。

で、さいきん話題の“レジ*袋”。マイバッグを持参している方もちらほら見かけるようになりました。もともと、れじ*袋はあまった石油で作られているため、CO2の排出量は増えることはないのですが“それを作るために余計に設備を稼働させてCO2を余計に排出している”と反論する人もいます。それじゃ、マイバッグを製作する過程でCO2は出さないのでしょうか?それこそ余計な過程を経て余分に排出している気がするのですが・・・

そもそもCO2と温暖化の相関関係はないそうです。むしろ太陽の活動周期と温暖化との相関関係がデーターできっちり証明されているようです。このあたりBCLをやっているものにしてみれば非常に気になるところですね。

“脅せば金になる”方式で見事に立派なビジネスになった温暖化ですが、よくよく考えれば実に辻褄がわない話が多いですね!恰好だけの温暖化防止策はやめにして、うちでは夜中もクーラーをガンガンかけています。なにせ、CO2を問題にすると、インド+中国で25億人いるわけですからその10%でも我々と同じ生活様式になればどうなります?我々がちまちま節約・削減したって焼け石に水とはこのことではありませんか?

参考図書

環境問題のウソ

環境問題の杞憂

環境問題はなぜウソがまかり通るのか



残暑厳しい

  1. 2007/08/28(火) 20:41:24_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
まだまだ当地では暑いです。仕事で外出しても、ちょっと歩くと汗がだらだら出てきます。

家でもクーラーなしではいられません。夜もかけっぱなしで寝ています。暑さで体を壊したらなんにもなりまへん。てなわけで当然ノイズが発生していますので、まともにラジオも聞けません。

でも気がつけば、最近日が暮れるのが早くなりました。残暑が厳しいのは勘弁してほしいですが、そこそこ楽しかった夏が終わるのもちょっと残念な気がします。



ベリカード

  1. 2007/08/25(土) 18:57:07_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
札幌で聞いてレポートしたコミュニティーFM局から返信がありました。

それぞれ番組表も送付していただきました。特に三角山放送局は番組に対する感想を詳しく書いたのですが、それに対して丁寧な礼状までいただきました。この局の番組表はところどころ札幌の見どころ的な解説もついていて非常に読みごたえのあるものでした。

家族一同ベリカードを見て再び楽しかった旅行を思い出しておりました!

Resize0061

Resize0062

Resize0060

Resize0063_1







旅行記・覚書5〜帰路

  1. 2007/08/25(土) 10:12:16_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
北海道滞在5日目〜帰路

この日は親戚の家を訪問し、祖母、伯父のお墓参りへ。両方とも数年前に通夜に行ったきりで墓参りには行っていなかったので、ようやく長年の思いがはたせることになった。

午後は前日に行けなかった羊ケ丘へ行くことに。クラーク博士の銅像は以前と変わりなく突っ立っていました。羊が放し飼いにされていましたが、レストランには“ジンギスカン”の文字が・・・。まさか、これしめて食べるの?ってそんなことはないか!はやめにホテルに戻り今度は夜食をとりに一同札幌駅まで。夕食を食べた後はJRタワーに上り夜景を見ることに。
地上38階からの展望は素晴らしかった。

翌日はこれまた早めにホテルを出発し1時間半ほどかかって千歳空港に到着。14時30分の羽田行きで16時に到着。帰りの大渋滞に巻き込まれ帰宅。5泊6日の大満足の夏休み家族旅行も無事終了となった。

北海道での走行距離は750Kmでした!

Dsc00463

Dsc00466

Dsc00498

Dsc00526

Dsc00549




旅行記・覚書4

  1. 2007/08/23(木) 21:50:25_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
4日目は札幌への移動日。

この日は朝から移動あるのみ。層雲峡も3日もいると結構不思議と離れがたくなり、俗世界から切り離されたような環境と離れるのがなんとなく寂しいようになってしまいました。途中、観音岩が見えるところで車を止め、しばらく眺めて本格的に移動開始。札幌までは高速を使用することに。とにかく走るのみ。

時速130kmで走行しても前の車には追い付かないし、あっさり追い越される始末!いったい何キロで走ってんの?
約2時間ぐらいかかって札幌到着。さっそく札幌観光へ。

お決まりのコースだが、久々の時計台にテレビ塔。あいにくの雨だったが、昼過ぎには快晴に。札幌と言えばラーメン横丁。最近はみなさん舌が肥えてしまったのか、不味いだの貴重な意見がでてくるが、みそラーメンは本当に美味でした。
その後藻岩山ロープウェーに乗って展望台へ。

この日のメインイベントは“サッポロビール園”。ここでしこたまジンギスカンを食べまくる計画がいよいよ現実に。飲み放題・食べ放題を選択し戦闘開始!家族三人で3皿たいらげてダウン寸前。ビールはジョッキ5杯しか飲めませんでした。一同おなかいっぱいでホテルに無事帰還しました。

ホテル内でFM聞きましたが、バンド内が昔とは本当に様変わりしていました。30年も前の話なので当然か!NHKしかFMで出ていなかった時代でしたからね〜。

8/8(水)〜8/9(木)

76.5mHz/FMアップル
81.3mHz/さっぽろ村ラジオ
77.6mHz/サッポロ厚別FM
76.2kHz/三角山放送局

このほかいろいろ受信できたがとにかくIDが出ないため未確認。FMノスタルジアに至っては延々ナツメロを流していて、さすがに曲名もわからず受信報告書の書きようがなく降参。
最後に在京中波局の受信で1134kHzの文化放送を受信。向きを変えないと韓国の方が強力であった。
以上5局の受信報告書を東京に戻り次第発送。ラジオを聞きに来たわけでもないので、これでラジオは終了。

それにしてもジンギスカンはおいしかった!!

Dsc00356

Dsc00363

Dsc00389

Dsc00399

Dsc00425

Dsc00454





旅行記・覚書3

  1. 2007/08/22(水) 20:51:14_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
旅行3日目

この日はこの旅行のメインイベント?旭山動物園に行く。夏休みとは言っても平日なのでそうそう人もいないだろうと思いきや、10時に現地に到着するや正面玄関近くの駐車場は満車!しかたなく西門近くの駐車場へ。すでにとんでもない人だかり!!

入園してすぐにペンギン館に行くが約30分待ちの行列。ペンギンが泳ぐ下から見る水槽が人気。北極熊はなんと2時間待ち!上からも見えるということなので、行ってみると熊は腹を出して寝ていました。並ぶ必要なし。アザラシ館も1時間待ち。もぐもぐタイムとやらでパイプ状の水槽には来ませんよ!と言う解説のしりから、スーっと通り過ぎて行きました。

あとは適当に見れるものを見ておしまい。あの動物たち、その後の夏日を無事乗り切ったのだろうか…おみやげタイムでいろいろ買ってしまった。あざらしのチョロQには笑ってしまった。動物園のトランプもしっかり購入。

その後しばらくドライブし富良野方面へ。“新栄の丘展望台”と言うところに行く。ここが結構穴場で花畑が実にきれいであった。その後ファーム富田に行くが、ラベンダーも時期的には終盤なのであまりきれいではなかった。

富良野から層雲峡まで戻るのだが、これが結構時間がかかった。高速道路をもちろん使用したが、2時間以上かかってようやく帰還。高速道路が延長されていたが、カーナビは完全に道のないところを進んでいた!

この日は層雲峡最終日と言うことで、夕食は部屋食ではなく、ホテルオススメの料亭?の個室での食事。それはもう大変オイシかったです。

Dsc00246

Dsc00266

Dsc00295





旅行記・覚書2

  1. 2007/08/20(月) 20:09:03_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
層雲峡ロープウェイ→銀河・流星の滝→大雪湖→銀泉台→大函→大雪展望台


北海道上陸2日目は曇りのち雨という天候。この日は“層雲峡観光”の日でホテル近くのロープウェイで5合目まで行き、そこからリフトで7合目まで。

ここの眺めはおそらく紅葉の秋はすごいだろうと思う。気温は18度。涼しいよりは冷たい。見たこともないような植物があちらこちらに。7合目から先は入山許可がないと入れません。“熊出没中”の看板が!!どおりで登山客は鈴をつけているはず。帰りのリフトで雨。山の天気はころころ変わりますなぁ〜。
Dsc00099

下山してお決まりの滝めぐり。銀河・流星の滝を見学、その後大雪湖(ダム)から銀泉台へ。ここで北海道お決まりのダートコースがついに出現。レンタカーは雨と泥でどろどろ。

ダートを往復し大函観光。ここで小函に通ずる遊歩道がトンネルの中の崩落で通行不能。みやげものやのオバサンが商売あがったりだとぼやいていた。なるほど、そうなると今後は層雲峡全体も崩落の可能性もあるということか?行くならいまのうちかも。

おなかぺこぺこで出発地点に戻り、“登山軒”というラーメン屋に行く。ここで不覚にも息子と二人で大盛りラーメンを注文してしまった!やってきたラーメンは超特大(麺は1+2/3、野菜も同じぐらいの量)!!カミさんの普通盛りが、幼児用の器のように見えた。

Dsc00169

その後時間があったので、大雪展望台と言うところに行ってみる。鐘の音が有名な塔であるが、観光している人はゼロ。でも眺めは結構良い。酪農農家らしき家と牧場が見えた。こんなところでアンテナ張ったらさぞかしいろいろ聞こえるだろうなぁ〜と、一人でニヤニヤ(意味不明)
Dsc00185

一同、帰路についたのはいいが、途中ジャガイモ畑だの、なんだかんだと止まっては写真を撮りホテルに到着した。

Dsc00197

















旅行記-覚書

  1. 2007/08/19(日) 15:34:32_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
旅行に行った記録を覚書程度に書いておきます。

今回の旅行は“夏の家族旅行第3段道央編”になります。今年で北海道旅行は3年連続になります。私は親戚がいる関係で小さい時からあちこち行って、また大学生のときにはバイクで一周しているのですが、家族で行くのは3回目です。

8/5(日)

例年の如く06時30分自宅出発→羽田07時30分着。朝は高速はすいている。すいていれば1時間で楽勝なんだが、帰りがとんでもないことになるとは夢にも思わず。さらに、行きと帰りが違う航空会社のために駐車場までの通路で帰りにとんでもないことになろうとはこの時点ではまったくわからなかった!一同、空路旭川まで。

12時20分に定刻通り旭川に到着しレンタカー屋に直行。旭川空港より観光しながらホテルに向かう。旭川は結構蒸し暑く、昼食は当然の如く“ラーメン”。これを食べなきゃここまで来た意味がない!と言うことで、帰るまで昼食は毎回ラーメンでした。その後、あまりの暑さにアイスパビリオンと言うところでマイナス20度の世界へ。すずしかったなぁ!

ホテルに到着しさっそくラジオを聞くが、FMはNHK以外は聞こえない。中波はノイズだらけで層雲峡でのラジオは早々に撤退。さすが渓谷だけあってラジオはダメ。

そうなると一杯やるしかなく?さっそくビールを飲んで夕食までの時間に温泉に入ることに。夕食前に一杯飲み、温泉に入り、部屋食でビールを飲み、再び温泉につかり部屋に戻ってまた一杯とこのサイクルでずーと続きます。

Resize0053
Resize0054
Resize0055_1
Resize0056
Resize0057
Resize0058
Resize0059





ベリカード

  1. 2007/08/19(日) 10:41:45_
  2. ベリカード
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
そういえばベトナムの声より返信が来ていました。相変わらず迅速な返信で素晴らしいです!これで3種類集まりました。もう1種類あるとのことですので、四たびレポートしてみようと思います。屋台の写真のはまだGETしていません。

Resize0052


Resize0048_1

Resize0018_1




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2007 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -