独り言

日頃思うこと、趣味のことなどを思うままに書き連ねました。 (時間は注釈がない限りすべてJST)

読書の時間で〜す

  1. 2005/06/29(水) 21:50:14_
  2. 本と雑誌
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
左の「本」の欄で紹介している 「半島を出よ」 をようやく読み終わった。

とにかくこれは 面白いがこわ〜い 話だった。上下刊で約1000ページもあり読み応えがあったが、読み終えたあとは色々考えさせられるような話である。今の日本はいざ何かあるとこのようになってしまうのだろうか?と言う危機感を感じさせてくれる。

しかし発売当初TVの某ニュース番組で紹介されたのだが、その時のニュースキャスターが言っていたこととずいぶん違っている。ろくに読んでいないのであろう。  「ちゃんと全部読んでから紹介しろよ」  と言いたくなってしまう。所詮、ニュースキャスターなんてのは「視聴率稼ぎ」の脇役か?

というわけで、新たに面白そうな本の紹介。

「虎を鎖でつなげ」 by 落合信彦

これもありえそうな話かな?



ひさびさにラジオ

  1. 2005/06/26(日) 21:21:48_
  2. ラジオ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ひさびさにラジオねた。

今日の簡単ログ

1845/5025khz/R.Rebelde/SP/SINPO44433
2035/11800khz/R.Habana.Cuba/SP/44433
2054/17715khz/TRT/CH/44433/ピアノのISで終了
2102/17790khz/BBC via Oman/45533

あとは本日昼過ぎにEスポ/89.90khz/CH、昨日は沖縄の国内民放2局が良好であった。短波は昨日、今日とCuba方面良好。

夕方にようやっとイランへの受信報告書が完成。なにせ5日分だから大変である。BBC via OmanはWRTHによるとOmanに直接レポートすればQSLを発行してくれると書いてあった。今度TRYしてみよう。

なにせこの暑さ。クーラーとビールなしではいられませ〜ん。  



潮干狩り

  1. 2005/06/21(火) 23:37:05_
  2. 旅行記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
旅行記とはいっても日帰りネタ

昨日潮干狩りに行ってきた。 

子供が日曜参観の振り替え休日で、それにあわせて有給消化による休暇をとったのであった。
朝4時半起床(いつもと同じ?)。出発したのは結局7時前で途中渋滞にあってしまった。「みんな出勤か?アグルはお休みだもんね〜」と言う事で一路千葉県木更津へ。

都内の高速で渋滞にあったもののその後はス〜イス〜イ。アクアラインもあっと言う間に木更津・牛込海岸へ到着。毎年来ているのだが今年はいつもと違う。 

平日なのでガラガラ 潮干狩り場貸し切り状態!

例年 「貝はどこにあるねん?」 と言うぐらい取れないのだが今年は「超大漁」。追加料金まで取られる始末。
家族一同我を忘れての貝取り合戦であった。

天気も晴れ、帰りの海ほたるはがらがらで、ゆっくり昼飯をレストランで食べゆったりと帰路に着いた。全ての条件がぴたりと的中した一日で非常に有意義な休暇となった。
コスト計算すると100グラム270円のアサリであった。まぁ取ることに意義があるということで・・・
アサリの酒蒸し&味噌汁・・・お味は絶品!

DSC001510001DSC001520001DSC001550002






いろいろありました

  1. 2005/06/19(日) 21:45:39_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
今日は朝からいろいろあって、結構ハードスケジュールだった。
イランへの5日分の受信報告を書き、パラグアイの録音を聞きなおし(スペイン語力はそんなに落ちていなかった?)、イタリアの英語の番組を聞き取った。 本当はラジオねたもあるのだが次の機会にじっくりと。

まず午前中。

授業参観に行ってきた。平日にやることが多かったのだが、苦情を申し立てたところ、日曜日の開催になった。
この学校も今年でおさらば!最高学年なのでいろいろ見ておこうと言うわけだ。

相変わらず教室が汚いのはしょうがないとして、教室には2台の「扇風機」が新設されていた。公立なのでエアコンまでは導入できなかったらしい。でも無いよりはましか?「学生なんだから、団扇で涼めよ」と言いたくなってしまう。

肝心の授業の方は「道徳」。内容も案外ちゃんとしたことをやっていたのには正直驚いた。「どうせ、いい加減なことやってんだろう?」と思っていたが、先生が真剣にやっておられた。(失礼!)まぁ、あの先生なら任せても安心だ。
しかし、うちの息子ときたら、もうちょっと 「自分の主張をしてくれよ!」と言いたくなってしまう。どうも親に似ず?おとなしい。会社の上司に「そこまで言うか?」と言われてもさらにトドメを刺してくる「父親」の背中を見てしまったのだろうか?
まぁ、本人に任せよう。

午後である。

午後からは息子の「某検定試験」。年明けから本人も一生懸命勉強し「万全の態勢」で望んだのであった。
なんだかんだ言っても自分の息子の様子が気になり、終了間際になって後ろの入り口から覗き込んでみていた。

ところが、後列の児童が不穏な動き。そう 「カンニング」 をしているのである。

持参したカンニングペーパーを一生懸命覗いているのである。何のための勉強かわかっていないのである。多分、親兄弟が入知恵したのうだろうが、それにしても考えられないことであった。 親の責任ではないか?「何のため、誰のための勉強」かを教えるのが親の仕事ちゃうんかい? 多分親もそうやってやってきたのだろう。 私と眼が合った子供はどう思ったのだろうか?

今に始まったことではないが、これからの世の中 「たいへんだなぁ」 とつくづく思ったのであった。

親の子供への教育が「崩壊」しているのだから、学校の先生もたまったものじゃないだろう




なんでやねん?

  1. 2005/06/17(金) 21:18:19_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:5
こんな記事を見た。

『 JR中央線国分寺駅で今月4日、東京行き快速電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性客に対し、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスした。
 これを聞いた別の乗客がJR東日本に抗議、同社は「言葉に配慮がなかった」と非を認め、車掌を指導した。だが駆け込み乗車は実際に事故につながる危険な行為。発車が遅れると運転士は、JR福知山線事故でもクローズアップされた「回復運転」を強いられることにもなる。識者は「利用者の側も、駆け込み乗車の危険性と、多くの人が迷惑を被ることを認識するべきだ」と指摘している 』

こらこらこら〜!悪いのは駆け込み乗車したやつだろうが?お前なんか挟まれたまま次の駅まで引きずられればいいんだよ。それから文句言ったやつ!、文句を言う相手が違うだろうが?

駅の階段をダッシュするやつの神経がわからない。電車ぐらいゆっくり乗らんかい。時間が無いのはどう考えても、自分のせいじゃ。どあほ!

仕事柄 「一分一秒」を争う仕事をしているので仕事以外では時間に関しては実に余裕をもってゆったりと行動するようになってしまったのである。 朝は2-3本次の電車に乗っても影響が無い時間に出勤するようになり、帰りも階段はゆったりと、電車が込んでいれば「次でいいや」と見送るようになってしまった。おかげで交通違反もなくなり、以前は切符でどろどろ状態だったのが、今ではなんと「ゴールドカード」。

言っておくが、これは「年のせい」ではない!のである。要は、先日の話ではないが、「時間の使い方」。

駆け込み乗車するようなやつは 「電車にのるな」、あほんだら



自爆テロ

  1. 2005/06/13(月) 22:57:08_
  2. ぼやき
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
本日は帰宅が少し遅くなり、イランの日本語が始まるまでには間に合わなく聞くことが出来ず。

しかし、ウチの会社みんなとっとと帰れば良いものの、だらだらして一向に帰る気配なし。本当に経費の垂れ流し状態
自分の家に早く帰ると何か困ることがあるのだろうか?これといった趣味の無い人にこの傾向が強い。この話題は別の機会にすることにしよう。(あまりにも長くなるので)いずれにせよ いい迷惑、はよ帰れ!

イランで爆弾テロが相次いでいる。

アラブ系組織の犯行声明として大統領選挙の妨害を狙ったものだとか。このニュースについて解説を聞きたかったのだが、先の理由で聞き損ねた。まぁある程度は予想できるのだが・・・

日経新聞の6月13日付けの夕刊には「犯行グループは米国の訓練を受けイラク南部バスラ地域から侵入してきた」と書かれていた。

このことについて、

?:解説のとおり米国主導の爆弾テロ
?:核政策上の米国へのけん制、革新派の阻止

この2つが考えられるのではないか?

?→選挙を妨害して米国のメリットになることがあるか?→混乱に乗じて革新派の政権樹立
まぁ、民主化の動きがあるが、内部からの崩壊を狙うにしてもあまりに単純すぎ?民主主義の象徴である「選挙」を妨害するのは米国らしくない。

?→最近の報道によると「米国のイランへの内政干渉」というのがキーワードになりつつある。

まぁ、いずれにせよ罪の無い人たちが犠牲になっているのは明確である。

これが、米国の覇権主義の限界のもたらす結果だとすれば、本当に不幸な話である。
とにかく選挙が終了するまでは眼が離せない。
 



ひさびさにブログ

  1. 2005/06/12(日) 21:02:58_
  2. ラジオ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久々のブログ・ラジオねた

昨日はEスポ爆発状態。お昼前後に山東方面が良く入っていた。しかしバンド中、韓国語、中国語だらけであった。やっぱりこの季節はEスポが出ないと話にならない。まだまだ楽しみである。

短波の方はと言うと、ハイバンド絶好調である(ワッカの割には?)。

夕方15110khzでKuwaitのアラビア語が良好。今日はまたまたイランの受信報告書を5日分書き上げた。最近、イランは大統領選挙運動中で毎回色々な話を聞くことが出来る。しかし、イランを取り巻く国際情勢は厳しさを増している。
西側・イラン側の言い分が全く正反対。
世の中平和になりませんかねぇ〜

ところで、夕方チェコの英語放送を聞いた。
状態は前半最悪!これだけコンディションが良いのにヨーロッパはなぜか良くないんです。後半から聞ける状態に。
「ABC-Czech」と言うチェコ語講座みたいなものをやっていた。テーマが「アイスクリーム」
東京は本日真夏のような暑さ。放送を聞きながら「アイス食べたいなぁ〜」とおもわず思ってしまったのであった。



今日もラジオねた

  1. 2005/06/05(日) 20:55:45_
  2. ラジオ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
雷ばりばり、空電の嵐で短波帯は完全に夏模様になっている。

今日はIRIB日本語への受信報告5日分を書き上げ結構疲れた。毎日いろいろ趣向をこらした番組が多く局側のセンスが光る!毎日数分であるが「コーラン」の解説は非常に参考になる。
いつも聞きながら読んでいる本がこれ
これがアラビア語ですこしでもわかれば、受信報告も違ってくるのだが・・・

そもそもIRIBの番組で女性のアナウンサーしか出てこないことにアグルはまず驚いたのであった。
イスラムの世界はどうもあの「タリバン」のイメージがあってイスラム先進国とは事情がちがうようだ。
なんだか受信報告の数値をクリアしていくと「名誉リスナー」の称号が与えられると言うことなので、挑戦してみようと思う。なにはともあれイスラムの世界から称号を与えられるのは大変なことである。

さてさて受信状況と言うと、

21495khz BSKSA SINPO45333 コーラン -1759-
17615khz BSKSA SINPO33532 コーラン -1833- こちらは非常に状態悪い

こんなところです。あとは 17655khzのFinlandが-1740-ごろ良好。一回目の受信報告はどうもボツのようなので、次回は長期モニターバージョンを送る計画である。

それから、モンゴルの声を久々に聞いたが開始音楽が以前と違っていて新鮮な感じがした。昨日聞いたのだが、モンゴルの民謡を流していた。う〜ん、珍しいものを聞くことができた。

なにはともあれ、いろいろな発見があるものだ。








お空は好調

  1. 2005/06/03(金) 21:18:25_
  2. ラジオ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近イランの声日本語が好調である。

冬場では考えられない程超強力。冬場の受信報告は本当に苦労したが、現在はS−5に近いぐらいである。大統領選挙が近く行われる事から、色々な解説を聞くことができる。
中東で日本語放送を行っているのは同局だけで、貴重な情報源である。冒頭に必ず「コーラン」の朗読があり、日本語の解説も行われる。

今回はほぼ毎日聞いているので、まとめて受信報告を送り、QSL−2、QSL−3をゲットしたいものである。

おまけだよ〜ん
DSC001370001
DSC001400002





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

アグル

Author:アグル
アグル@東京

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

月別アーカイブ

« 2005 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -